地球の水をキレイにする会社 ブルーオーシャンインターナショナル
地球の水をキレイにする会社 ブルーオーシャンインターナショナル

ミトコンドリア活性化が元気のカギ?!

LINEで送る
Pocket

ミトコンドリアの活性化が元気な体の鍵だということをあなたは、知っていますか?

電子は、ミトコンドリアの元気の素です。ミトコンドリアが電子を取り込み、元気に動き出すことでエネルギー源を効率良く作ってくれます。すなわち、電子は、ミトコンドリアを通して体に充電されていきます。

【ミトコンドリアの働き】

ミトコンドリア

人間の細胞内には、100個~3000個のミトコンドリアが存在します。細胞に電子が取り込まれる際、ミトコンドリアが深く関わっています。ミトコンドリアは、私たちの活動エネルギー源であるATP(アデノシントリホスフェイト【アデノシン三リン酸】)を90%以上作っている細胞内の器官です。

私たちの体の中では「代謝」という水の生成と解離が起きています。酸素と炭水化物で代謝水を作り、この際発生する生体エネルギーを使ってミトコンドリアのATP合成酵素モーターを回転させることでATP(活動エネルギー源)を作り出します。ミトコンドリアのモーターを回すエネルギー源が、解離水であり、電子(e⁻)です。

また、代謝水が生まれる過程で、スーパーオキシドラジカル、過酸化水素、ヒドロキシラジカルなどという活性酸素も生み出されています。

この活性酸素は、主に体内に侵入する外敵から身を守ることに使われますが、過剰に放出されるようになると、正常な細胞まで傷つけ、ひどくなると細胞のDNAまで打撃を与えてしまいます。この時、過剰な活性酸素は、DNAのプログラムに異常をきたし、異常細胞を増殖させてしまいます。これが、がん細胞のような厄介な細胞を生み出す原因になると言われています。
→ 解離水についてはこちらの記事を参照 >>

 

【体の中の各細胞に充電される仕組み】

だから、電子が豊富なイナズマセブン(e⁻nazuma7)を飲むことでミトコンドリアを活性化させ、生体エネルギーを充電することになります。

※生体エネルギーとは? ・・・ 呼吸や消化、体温の維持、臓器の活動、血液の循環など生きるために必須のエネルギーや、運動や思考といった活動するためのエネルギー

 

C₆H₁₂O₆ + O₂ + 6e⁻ ⇒ 6H₂O + 6CO₂ + 電位(エネルギー) (炭水化物)  酸素 電子 水 二酸化炭素   エネルギー

したがって、私たちは、このミトコンドリアの生み出すエネルギー源なしには、生きられません。そして、ミトコンドリアを動かす動力源が「電子」なのです。
すなわち、

電子不足 ⇒ 生体エネルギー不足 ⇒ 元気不足

であると言えます。

© Copyright 2016-2017 BLUE OCEAN INT

Designed by HOTPILOT